怪奇現象、都市伝説、陰謀論、オカルトなどこの世界の謎を紹介するサイトです

スポンサーリンク

怪奇現象オカルトファイル TOP  >  スポンサー広告 >  古代の謎 >  アンティキティラ島の機械

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アンティキティラ島の機械

オーパーツの一つ「アンティキティラ島の機械」。現代の科学では作ることができないとされていた謎の機械だが、これは一体何なのだろうか。

スポンサーリンク




【アンティキティラ島の機械とは】

1901年にクレタ島近くの海底に沈んでいた沈没船の中から発見された謎の機械。約2100年前に作られたものとされており、しばらくの間どの様な目的で何に使う物なのか全く分かっていなかった。それからしばらく時が経ち、2006年に用途が明らかになった。どうやら、太陽や月など天体の運行計算をするために古代ギリシアで作成されたようだ。

この機械は恐ろしく多機能で、木星や土星などの天体の位置を割り出したり、日食や月食の時期を計算できたと言われている。


【アンティキティラ島の機械の謎】

この機械の用途は明らかになったが、まだ数多くの謎が残っている。そもそも誰が作成したのか?

当時の同種類の機械と比べると、あまりに性能が高すぎる。当時の技術でここまで複雑で多機能な機械を作ることができたのであろうか?

オーパーツと呼ばれるものは多くあるが、ほとんどは現代で作られた偽者だと言われている。本当に謎が解明されていないオーパーツは少数だが、この「アンティキティラ島の機械」もその一つだ。

いつか謎が解ける日が来るのだろうか。

スポンサーリンク

関連記事
[ 2015年06月16日 20:00 ] カテゴリ:古代の謎 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。