怪奇現象、都市伝説、陰謀論、オカルトなどこの世界の謎を紹介するサイトです

スポンサーリンク

怪奇現象オカルトファイル TOP  >  スポンサー広告 >  UFO・宇宙人 >  ロシアで発生したロズウェル事件と酷似した宇宙人関連の事件

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ロシアで発生したロズウェル事件と酷似した宇宙人関連の事件

ロシアの南部に存在するロケットなどの打ち上げ施設である「カップースチン・ヤール」。この付近では度々、宇宙人が関係していると思われる事件やUFOの目撃情報があり、ロシア・ロズウェルと呼ばれている。

スポンサーリンク




この基地は1940年代に作られ、1947年には初めてロケットが打ち上げられている。最初はテントが並ぶだけの土地だったが、徐々に建物が作られ街のように発展していった。

その後、1961年にUFOがこの付近に墜落し、ロシア版のロズウェル事件だと言われており1998年にはこの事件の映像を保存しているディスクが公開されている。

また、1980年代には赤く光る物体が突如現れ、近くの鉱山へ墜落している。UFOの残骸と思われる物体の回収・分析が行われた結果、これに使われている金属自体は普通に地球上のものだと判明したが、この鉱山で取れる物体ではなかった。また、非常に細かく作られている繊維も見つかっているが、どうやって作成したのかは不明なままだ。

また、この事件の数日後には、UFOらしき物が墜落した場所付近に2機の赤く発光する飛行物体が目撃されている。

その他にも、カップースチン・ヤール付近では湖の上に停泊しているUFOや基地上空を飛び交う数機の飛行物体が目撃されているのだが、もしこれらが本当にUFOだった場合、なぜ彼らはこの場所へ頻繁に現れるのだろうか?

ロズウェル事件と関係があるとされているアメリカのエリア51では、UFOや宇宙人に関する研究や彼らとの交渉が行われているとする説がある。

関連記事
ロズウェル事件の真相について考えてみた
エリア51とUFOの関係

このカップースチン・ヤールでも同様に宇宙人に関する研究などがされているのだろうか?

世界の国々の政府は地球外生命体と接触しているのではという陰謀論にも似た説が存在するが、ロシア政府はカップースチン・ヤールで彼らと接触しているのかもしれない。

スポンサーリンク

関連記事
[ 2015年10月08日 20:00 ] カテゴリ:UFO・宇宙人 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。