怪奇現象、都市伝説、陰謀論、オカルトなどこの世界の謎を紹介するサイトです

スポンサーリンク

怪奇現象オカルトファイル TOP  >  スポンサー広告 >  UMA~未確認生物~ >  ナブー~インドネシアの巨大UMA~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ナブー~インドネシアの巨大UMA~

インドネシアのボルネオ島に古くから伝わる伝説の大蛇「ナブー」。その大きさはなんと数十メートルから数百メートルもあるという。2009年にこのUMA(未確認生物)を撮影した写真が出回り、世界的にも有名な存在になった。

スポンサーリンク




2009年にボルネオ島のバーレー川上空で撮影された写真にこのナブーがはっきりと写っている。この際に撮影された固体の大きさは約30mほどと、UMAの中でも非常に巨大なほうである。長い体に龍の様な頭部があり、ボルネオ島の先住民であるイバン族の伝承に登場する大蛇の特徴と一致している

もしナブーが本当に存在しているのなら、地球上で最も大きな生物であるシロナガスクジラにも匹敵する生物ということで、かなりロマンがある話だが、実際にいるのだろうか?

結論として、存在している可能性は低い。

まず、ナブーが写っている画像だが、加工されている可能性が高い。バーレー川は非常に濁っており茶色に近い色なのだが、画像の川の色は青く透き通るような色をしている。また、30mほどもある生物が川を泳いだ場合、写真の様な波の立ち方はしないだろう。

この写真については合成でなかったとしても、ボートの波や木材だという意見が有力である。

ただ、ボルネオ島の気候は温暖で湿度も高いことを考えると、生物が巨大化する条件は整っている。数十メートルや数百メートルというのは厳しいが、ある程度の大きさの蛇が存在していても不思議ではないだろう。

個人的には数十メートルの巨大生物という存在にロマンを感じるのだが、この地球上のどこかにはそんなUMAが居るのだろうか……。

スポンサーリンク

関連記事
[ 2015年10月11日 20:00 ] カテゴリ:UMA~未確認生物~ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。