怪奇現象、都市伝説、陰謀論、オカルトなどこの世界の謎を紹介するサイトです

スポンサーリンク

怪奇現象オカルトファイル TOP  >  スポンサー広告 >  古代の謎 >  オーパーツ一覧・まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オーパーツ一覧・まとめ

考古学上、当時の技術や知識では製造することが不可能だと考えられている物体「オーパーツ」。out of place artifactsを略した語であり、「場違いな工芸品」と呼ばれている。

この謎の出土品は、明らかな偽物から本物だと思われるものまで世界各地で大量に見つかっている。この記事でそれを一覧にまとめてみた。
※オーパーツ名をクリックすると詳細に飛びます。

スポンサーリンク





コソの点火プラグ
アメリカ合衆国カリフォルニア州で発見されたオーパーツ。晶洞石という、作られるのに数万年かかる特殊な石の中に金属製の点火プラグが入っている。

古代の宇宙人レリーフ
マヤ文明の遺跡で発見されたレリーフ。4世紀~10世紀頃作られたと考えられており、その時代には存在しない宇宙飛行士が描かれている。一説では宇宙人をモチーフにしたものだとか……。

デリーの鉄柱
作られてから1500年も経過しているのに錆びていないことからオーパーツの一つだと言われている。実際は内部が錆びているらしい。

テキサスハンマー
オルドビス紀の地層から発見された鉄製のハンマー。偽物の可能性の高いオーパーツ。

黄金のスペースシャトル
コロンビアで発見された金色のスペースシャトル型の装飾品。今から1500年ほど前に作られたと考えられている。当然、その時代にはスペースシャトルは無いので何をモチーフに作ったのか。

聖徳太子の地球儀
日本で発見された中で最も有名なオーパーツ。聖徳太子の時代では発見されていなかった南極大陸や、ムー大陸らしき謎の大陸が描かれている。

ネブラ・ディスク
世界最古の天文盤で非常に高性能。3600年前に作られたと考えられており、その時代にどうやって高度な天文知識を手に入れたのか謎である。

カブレラストーン
ペルーで発見された彫刻石。人間と恐竜が共に描かれている。なぜ恐竜の存在を知っていたのだろうか?

バグダッド電池
バグダッドで発見された、高さ15cmほどのつぼ型の物体。5世紀前後に作られたとされており、その時代に電池を作る知識はどうやって身につけたのか不明。

更新世のスプリング
31万年前の地層で発見された極めて小さいコイルやネジ。

自転する金属球
南アフリカで発見された自転する謎の球体。26~28億年前の地層で発見された事から、人類が作ったものではないと考えられている。

アンティキティラ島の機械
クレタ島周辺の海底で発見された謎の機械。天体観測に使用すると考えられているが、現代の技術をもってしてもこれを作ることは不可能なことから、本物のオーパーツである可能性が非常に高い

ピリ・レイスの地図
1500年代に発見された地図。当時まだ発見されていなかった南極が載っている。


※この記事は随時更新していきます。

スポンサーリンク

関連記事
[ 2015年10月22日 20:00 ] カテゴリ:古代の謎 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。