怪奇現象、都市伝説、陰謀論、オカルトなどこの世界の謎を紹介するサイトです

スポンサーリンク

怪奇現象オカルトファイル TOP  >  スポンサー広告 >  異世界 >  北極から異世界に迷い込んだ男「リチャード・E・バード」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

北極から異世界に迷い込んだ男「リチャード・E・バード」

1926年に航空機を用いて初めて北極点に到達するという偉業を成し遂げた「リチャード・E・バード」。実は、この人物が北極に訪れた際、異世界に迷い込んでしまった可能性がある。

スポンサーリンク




リチャード・E・バード氏が北極点を超えてさらに飛行を続けていると、白い霧に包まれ周囲が見えなくなった。霧が晴れるとそこには氷も海もなく、山や緑・川が広がる不思議な光景に出くわした。また、気温も20℃を超える温暖な気候に変化し、先ほどまで飛行していた北極とは明らかに異なる場所が広がっていた。その他にも、林の中から現代では存在しない生きたマンモスを目撃している。

この様に、明らかにこの世界とは異なった別の世界へ迷い込んでいる。リチャード・E・バード氏が迷い込んだのは異世界だったのだろうか?

地球空洞説という、地球の内部は空洞になっておりそこには地上とは別の世界が広がっているとする説が存在する。また、そこへ入って巨人と出くわしたという証言もある。

関連記事
地球空洞説~地底人や異世界の存在~

リチャード・E・バード氏は地球の内部に繋がっている穴や窪地に入ってしまったことが原因で、異世界に行くことができたのではないだろうか?その世界では未だにマンモスが生存しているのかもしれない。

彼はこの事件の後、地球の内部へ繋がる穴の調査を開始し、南米でそれらしき巨大な穴を発見したと証言している。そこでは地上に存在しない不思議な植物や生物が生息していると語っているが、それに対する証拠は何もなく、それが真実かは謎のままである。

また、彼の関係者は、彼は地下世界の人物とコンタクトを取っていたと証言しているが、先に記述したことと同じく証拠は何もない。

ただ、地下にある異世界に行ったという体験談は意外に多く存在している。地球の内部には別世界が存在しているのだろうか……。

スポンサーリンク

関連記事
[ 2015年11月03日 20:00 ] カテゴリ:異世界 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。