怪奇現象、都市伝説、陰謀論、オカルトなどこの世界の謎を紹介するサイトです

スポンサーリンク

怪奇現象オカルトファイル TOP  >  スポンサー広告 >  宇宙の謎 >  かに座55e~ダイヤモンドの惑星~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

かに座55e~ダイヤモンドの惑星~

地球から約40光年の位置にある太陽系外惑星「かに座55e」。半径は地球の約2倍、質量は約8倍ほどの惑星であるが、この星はダイヤモンドの惑星と呼ばれている。

スポンサーリンク




この惑星は、太陽に非常に似ている恒星かに座55Aの周りを公転している。また、この恒星の周りを公転している惑星は5つ見つかっており、かに座55eは2004年に発見された。公転周期は非常に短いという特徴を持ち、かに座55Aに近すぎる位置にあるため表面温度は1700℃を超え、生命が存在している可能性はほぼ無い。

かに座55eから見ると、かに座55Aの大きさは地球から見た太陽の大きさの約60倍、明るさは3000倍以上もあるという。

また、この惑星の表面は黒鉛とダイヤモンドで覆われている。特にダイヤモンドの比率は高く、質量の3分の1を占めるほどだ。これは地球約3個分ほどの量である。岩石惑星は多数発見されているが、ここまで地球と化学組織が異なる岩石惑星が発見されたのは初めてだ

ただ、かに座55eは岩石惑星ではなく、炭素惑星だとする説が存在する。炭素惑星とは、その名の通り炭素を主成分とする惑星のことであるが、現在まだ発見されておらず、理論上の存在だ。もし炭素惑星だとしたら、かに座55eが初めての発見例となる。

この様に、非常に興味深い惑星であり、調査が進むとさらに驚くべきことが発見されるかもしれない。しかし、上記の通り恒星に近すぎる位置にあることが原因で、将来的には恒星の重力によって砕けてしまうと考えられている。それまでに調査が進むのだろうか……。

スポンサーリンク

関連記事
[ 2015年11月04日 20:00 ] カテゴリ:宇宙の謎 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。