怪奇現象、都市伝説、陰謀論、オカルトなどこの世界の謎を紹介するサイトです

スポンサーリンク

怪奇現象オカルトファイル TOP  >  スポンサー広告 >  世界の謎 >  地球上の未開の地まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

地球上の未開の地まとめ

この地球上には、現在でも人類が踏み入れたことのない未開の地が存在する。様々な原因で未だに未開のままになっているが、そこを調査できると新たな発見があるかもしれない。今回はその未開の地をまとめてみた。

スポンサーリンク




未開の地になりやすい場所

①深海
物理的にたどり着くのが困難であり、到達したとしてもあまりメリットがないため調査されにくい。まだまだ多くの新種生物がいる可能性が高い。ちなみに宇宙よりも調査が進んでいないという情報もある。

②砂漠
調査したとしてもあまり新発見がないという理由で未開の地になりやすい。

③密林
比較的行くことは簡単であるが、生態調査をするにしてもキリがないため未踏の場所が多いと考えられる。

④高山
その山へ辿り着くのも困難な上、そこから上るのも難易度が高い。

以上が未開の地になりやすい場所だ。ただ、砂漠と高山に関しては、現地へ行かなくても衛星からどんな場所かは把握できる。新たな発見があるとすれば深海か密林の奥地だろう。


では、現在、未開の地となっている場所を紹介する。

ギアナ高地
ギアナ高地のほとんどは未だに人類未踏の地であるといわれている。特に絶壁となっている場所に関しては、ヘリコプターでの調査を行う方法しかなく、どんな生物が存在するのか謎である。また、特殊な気候のため雲で覆われていることが多く、衛星を用いた調査もできない。

南硫黄島
硫黄島の南に位置する島。ピラミッド型のため上陸することが非常に困難であり、実際に数回しか上陸されていない。

北センチネル島
インド領のアンダマン諸島にある島。数百人のセンチネル族が暮らす島であるが、彼らは外部の人間との接触を酷く嫌っており、インド政府ですら上陸することは出来ない。


以上だ。この他にも多数の未開の地が存在していると考えられる。そこにはまだまだ新種の生物がいるのだろう。

スポンサーリンク

関連記事
[ 2015年11月20日 20:00 ] カテゴリ:世界の謎 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。