怪奇現象、都市伝説、陰謀論、オカルトなどこの世界の謎を紹介するサイトです

スポンサーリンク

怪奇現象オカルトファイル TOP  >  スポンサー広告 >  古代の謎 >  イエロニマス大聖堂の宇宙飛行士

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イエロニマス大聖堂の宇宙飛行士

スペインのサラマンカに存在している「イエロニマス大聖堂」。はるか昔に建設された建物だが、ここにNASAの宇宙飛行士に酷似した謎の彫刻がある。当時、宇宙飛行士は存在していたのだろうか。

スポンサーリンク




イエロニマス大聖堂が建てられたのは1102年だ。今から約900年前に宇宙飛行士が存在しているわけがない。当時の人間は何をモチーフにこの彫刻を作成したのだろうか。これについてはいくつかの説がある。


・UFOが飛来し、それに乗っていた宇宙人の姿をモチーフにした

・宇宙飛行士ではなく、当時の騎士

・大聖堂の改築中に作ったイタズラ



宇宙人に関しては、古代の遺跡などにもUFOや宇宙人を描いた壁画などもあり、地球に来ていた可能性があるがあまり信憑性のない話だ。

当時の騎士の姿をモチーフにしているというのも、少し無理があるような気がする。

やはり改築中に持ち込まれたイタズラという説が一番有力だと思うが、個人的には宇宙人が地球に来ていたという考えのほうがロマンがあるので信じたい。

スポンサーリンク

関連記事
[ 2015年06月21日 20:00 ] カテゴリ:古代の謎 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。