怪奇現象、都市伝説、陰謀論、オカルトなどこの世界の謎を紹介するサイトです

スポンサーリンク

怪奇現象オカルトファイル TOP  >  スポンサー広告 >  世界の謎 >  幽霊に呪われた場所「セントジョージ協会」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

幽霊に呪われた場所「セントジョージ協会」

チェコのルコヴァにある「セントジョージ教会」。ここは普通の教会ではなく、幽霊によって呪われた教会だと言われており、実際に霊的な現象だと思われることが発生している。

スポンサーリンク





この協会は16世紀に作られた建物だ。長い間多くの人間が訪れる教会であったが、1968年に屋根が崩壊し、それ以降廃墟となっている。この屋根の崩壊は幽霊による呪いだと言われており、誰も近づくことは無かった。1900年代前半にドイツ人の霊が住み着いてしまったと考えられている。

それを解決しようと、住み着いている霊の姿をしている彫刻をアーティストが作成・設置したところ、霊現象は収まったという。ただ、
霊の彫刻が大量に飾られている光景は非常に不気味であり、今ではそれを見ようと多くの観光客が訪れる人気スポットになっている。

しかし、一体なぜ彫刻を設置したことで霊現象が収まったのかは不明のままである。セントジョージ教会には本当に霊が住んでいたのか、住んでいたならなぜここに居ついてしまったのか、心霊現象を発生させた目的はなんだったのかなど、謎である。

彫刻を設置したアーティストも、霊の姿の彫刻を置けば心霊現象がなくなると考えた発想も不思議ではあるが……。

不気味でもあり幻想的でもあるセントジョージ教会。もし許可が下りるのならチェコを訪れた際は一度立ち寄ってみたいと思う。

スポンサーリンク

関連記事
[ 2015年11月24日 20:04 ] カテゴリ:世界の謎 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。