怪奇現象、都市伝説、陰謀論、オカルトなどこの世界の謎を紹介するサイトです

スポンサーリンク

怪奇現象オカルトファイル TOP  >  スポンサー広告 >  古代の謎 >  プマ・プンク遺跡と宇宙人の関係

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プマ・プンク遺跡と宇宙人の関係

ボリビアのティワナクに存在する巨石を使用した遺跡「プマ・プンク遺跡」。ピラミッド状の建造物であり、世界で最も大規模な巨石遺跡であるとされているが、この遺跡には地球外生命体が関与していた可能性がある。

スポンサーリンク




プマ・プンク遺跡は4世紀~5世紀に最も栄えたティワナク文化の遺跡の一つである。大規模な遺跡の中心部から少し離れた場所に存在している。また、標高約3800mと富士山の頂上よりも高い場所に位置している。

この遺跡には、巨大なH型の石が多数存在している。どの石も非常に精巧に作られており、まるで工場で量産していたかのようだ。また、H型の石一つ一つの重さは100トンを超えると言われている。そこまで重い巨石を、どれもぴったり同じ形に加工するのは現代の技術でも難しく、4世紀~5世紀の技術で作成できたとは考えにくい。

また、加工技術についても謎であり、熱加工やダイヤモンドに施す加工技術は使われていないことから、全く未知の加工技術を用いて作られたようである。

他にも、巨石の運搬方法についても判明していない。一体どんな方法で、標高3800mもの場所へ一つ100トンを超える巨石を大量に運搬したのだろうか。

この様に、古代の人間が作った遺跡とは考えにくい。他の古代遺跡やオーパーツにも、地球外生命体が関与したのではないかと言われているものも多くあるが、このプマ・プンク遺跡にも何か関係があるのかもしれない。

スポンサーリンク

関連記事
[ 2015年12月13日 20:00 ] カテゴリ:古代の謎 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。