怪奇現象、都市伝説、陰謀論、オカルトなどこの世界の謎を紹介するサイトです

スポンサーリンク

怪奇現象オカルトファイル TOP  >  スポンサー広告 >  古代の謎 >  アクイレイア遺跡の謎の生物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アクイレイア遺跡の謎の生物

イタリアのヴェネチア・ジュリア州に存在する古代ローマ時代の遺跡である「アクイレイア遺跡」。中世ではイタリア北東部の中心都市として栄え、現代では約3500人ほどの人々が生活している世界遺産である。そこにある大聖堂のモザイクに謎の海洋生物が描かれている。


スポンサーリンク




このモザイクは起源3世紀頃、つまり今から1700年も昔に制作されたものである。これが発見されたのは、今から約100年前である1909年だ。つまり1600年もの長い間、誰にも見られることもなくひっそりと存在していた。そこには大量の海洋生物と思われるものが描写されており、中には多数の目を持つうちわ状の生物も存在している。

古代エジプトの壁画には、今では考えられないような姿をしている生物や、地球外生命体と思われる生物が描写されているが、このアクイレイア遺跡のモザイクにいる生物も同様に、今では存在しない生物や地球外生命体なのだろうか?

アクイレイア遺跡のモザイクに描写されている生物については、正体が判明している。シビレエイという、電気を放つことがあるエイの一種である。多数の目はシビレエイの模様であり、姿形は見事に一致している。

アクイレイア遺跡のモザイクに登場する生物については、既存の生物と判明したが、古代の壁画に描かれている生物は未だに正体がわかっていないものも多い。中には我々が想像もできないような不思議な生物が存在していたのかもしれない。

スポンサーリンク

関連記事
[ 2015年12月17日 20:00 ] カテゴリ:古代の謎 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。