怪奇現象、都市伝説、陰謀論、オカルトなどこの世界の謎を紹介するサイトです

スポンサーリンク

怪奇現象オカルトファイル TOP  >  スポンサー広告 >  古代の謎 >  【オーパーツ】コスタリカの巨大石球

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【オーパーツ】コスタリカの巨大石球

コスタリカのディキス地方にある密林の中に存在するオーパーツ「コスタリカの巨大石球」。直径2cmほどのものから2mを超える巨大なものまで200個以上発見されており、そのすべてが真球になっている。これを誰が何の目的で制作したのかは未だに判明していない。


スポンサーリンク




コスタリカの巨大石球が発見されたのは1930年のことだ。ディキス地方の密林に大量に置いてあり、曲線を描くように配置されていたという。この配置は明らかに何かしらの意図があって考えられたようだ。西暦300年ころに栄えたディキス文明の人間が作成した可能性が高い。

大きなものは20トン以上もあり、これを当時の人間が真球の形に正確に加工できたとは考えにくく、オーパーツの一つだとされている。また、曲線を描くような配置は天体を現しているという説も存在し、もしこれが真実なら西暦300年頃の人間が高度な天文知識を有していたことになる。

また、コスタリカの巨大石球のほとんどは花崗岩で作られている。だが、これが発見された密林周辺には花崗岩は存在せず、他の場所から持ってきたとしても20トン以上もある巨大な石をどうやって運搬したのかも不明である。

そもそも、花崗岩を加工するにはそれよりも硬い金属の道具が必要になるが、当時の文明でそんな道具を作れるはずがない。

この様に、コスタリカの巨大石球には謎が非常に多く、一説では地球外生命体が関与しているのではないかと考えられている。今のところ様々な検証はされているが、正体は判明していない。これは本物のオーパーツなのだろうか。

スポンサーリンク

関連記事
[ 2016年01月04日 20:00 ] カテゴリ:古代の謎 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。