怪奇現象、都市伝説、陰謀論、オカルトなどこの世界の謎を紹介するサイトです

スポンサーリンク

怪奇現象オカルトファイル TOP  >  スポンサー広告 >  UMA~未確認生物~ >  【UMA】カーディフの巨人

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【UMA】カーディフの巨人

1869年、ニューヨーク州カーディフで全長3メートルもある人型の化石が発見された。この巨大な化石は「カーディフの巨人」と呼ばれ、巨人の化石が発見されたと騒がれていた。

スポンサーリンク



カーディフの巨人の特徴

・全長10フィート(約3メートル)

・辛そうに身をくねらせている

・皮膚には毛穴が確認できる



【巨人の正体】

この巨人の化石は、ジョージ・ハルという人物が石膏で作った偽物だった。

ジョージ・ハルは無神論者で、ダーウィンの進化論を深く信じていた。親族の牧師と巨人の存在について議論になり、このカーディフの巨人の作成を思いついたようだ。

ただ、この巨人の出来はとても悪く、考古学者にはすぐに偽物だと見破られていた。しかし、巨人が発見されたとの噂は瞬く間に広がり、毎日数百人の見物人が押し寄せる事態となった。(ここでちゃっかり見物料をとっているところが狡賢い……

その後、新聞記者の調査によりあっさりと偽物だと認め、この騒動は収束していった。

とてつもなくはた迷惑な話だが、下らない動機で数年間掛けて巨人を作成した根性と巨人を商売にする度胸は認めざるをえない。

その行動力を他の事に使うことができてたらよかったのだが……

スポンサーリンク

関連記事
[ 2015年06月25日 20:00 ] カテゴリ:UMA~未確認生物~ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。