怪奇現象、都市伝説、陰謀論、オカルトなどこの世界の謎を紹介するサイトです

スポンサーリンク

怪奇現象オカルトファイル TOP  >  スポンサー広告 >  古代の謎 >  古代アマゾン文明~南米の古代文明~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

古代アマゾン文明~南米の古代文明~

古代エジプト文明やメソポタミア文明など、古代には4大文明が存在していたとされているが、それ以外にも巨大な文明が存在していた可能性がある。それは、南米のアマゾン川流域に存在していた可能性がある「アマゾン文明」だ。現在、アマゾン川付近では人工的に作られたと思われるものがいくつか確認されている。

スポンサーリンク




まず、アマゾン付近を衛星写真で見ると、正確な四角形の湖が数百から数千個存在していることが分かる。どれもきれいな四角形であり、自然にこの様な形になったとは考えにくい。ある程度発達した計測技術を用いて人工的に作られたのではないかと考えられる。

また、500km四方のモホス大平原には数千kmほどもある農道や直線道路が確認されている。これも、明らかに人の手で作られた道路である。

このように文明の跡は至る所で発見されているのだが、他の古代文明とは異なり、都市の跡は見つかっていない。これは、ロマと呼ばれる土で作った人工島に住居を作り、それぞれのロマを先に紹介した直線道路で結んで交流していたためだと考えられている。

ただでさえ謎が多いアマゾン文明だが、あるロマで衝撃的なものが発見された。それは巨人の骨である。身長2m以上だと推測される巨大な人骨が見つかったのだ。しかも、それは一つだけではなく、複数のロマでいくつも発見されていることから、突然変異的なものではなく、ほとんどのアマゾン文明の人間はそれくらいの大きさであった可能性が高い。

人工湖・直線道路・巨人の骨などまだまだ謎は多くあるが、やはり古代のアマゾンには巨大な文明が存在していたのだろうか?もしそうだとしたら4大文明にアマゾン文明を加えて5大文明と呼ばれる日が来るのかもしれない。

スポンサーリンク

関連記事
[ 2016年04月25日 20:00 ] カテゴリ:古代の謎 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。