怪奇現象、都市伝説、陰謀論、オカルトなどこの世界の謎を紹介するサイトです

スポンサーリンク

怪奇現象オカルトファイル TOP  >  スポンサー広告 >  世界の謎 >  スルツェイ島~人類が立ち入ることのできない場所~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スルツェイ島~人類が立ち入ることのできない場所~

アイスランドの南西、ベストマン諸島に存在する「スルツェイ島」。1963年の海底火山の噴火により作られた珍しい島である。この島の70%は火山灰で形成されており、ある理由から一般人が立ち入ることのできない場所となっている。

スポンサーリンク




なぜこの島に立ち入ることができないのか?それは研究のため立ち入りが制限されているかである。日本の西之島もだが、海底火山の噴火によって全く新しい島が作られるのは稀であり、0の状態からどんな生態系が形成されるのか研究するのにうってつけの場所となっている。

人類の影響を一切排除してどんな生物や植物が生まれるのか、その過程を記録・研究していくために自然保護区に指定されている。多くの研究者が噴火している最中から様々な研究をしている。

このスルツェイ島で一番最初に芽生えた生命は植物だ。潮や海鳥によってその種がこの島に辿り着き、定着することとなった。その後、海鳥の群れが住み着いたり1980年代にはアザラシが繁殖し始めた。

スルツェイ島は現在でも科学者など許可された少数の人間しか立ち入ることはできない。人工物も、科学者が使うプレハブ小屋が一棟あるだけで、人類からの影響を排除し自然のままの環境を維持している。

全く何もない状態から今後どんな生態系が形成されるのか、非常に興味深い島である。

スポンサーリンク

関連記事
[ 2016年04月29日 20:00 ] カテゴリ:世界の謎 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。