怪奇現象、都市伝説、陰謀論、オカルトなどこの世界の謎を紹介するサイトです

スポンサーリンク

怪奇現象オカルトファイル TOP  >  スポンサー広告 >  世界の謎 >  ドッペルゲンガーの正体

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドッペルゲンガーの正体

怪談や都市伝説によく登場する謎の存在「ドッペルゲンガー」。自分とそっくりの外見をしている存在であったり、もう一人の自分と遭遇する現象のことである。多くの有名人がドッペルゲンガーと遭遇したという体験を語っているが、本当に存在するのだろうか?

スポンサーリンク




ドッペルゲンガーとは、ドイツ語で「二重の歩く者」という意味だ。この都市伝説は日本だけでなく、世界中で広く知られているものであることから、本当に存在している可能性がある。

また、歴史上でドッペルゲンガーに遭遇・目撃したという事例がいくつも残っている。日本だと芥川龍之介、アメリカだとリンカーン元大統領、ロシアだとエカテリーナ2世がそれぞれ遭遇したという。また、19世紀のフランスではある人物のドッペルゲンガーを数十人が同時に目撃したという有名な事例が存在している。

では、ドッペルゲンガーの正体は一体何なのだろうか?いくつかの説を紹介する。

脳の異常説
脳の側頭葉と頭頂葉に腫瘍ができることにより、自分とは別のもう一人の自分が存在するような感覚に陥ることが原因だとする説。ただ、この説だと上記のフランスで数十人が同時に目撃したとする事例を説明できない。

異世界の自分説
この世界とは別の異世界に存在している自分が何らかの原因で迷い込んでしまったとする説。この説には特に根拠はなく、オカルトに近いものだと考えるのが良いかもしれない。

そっくりさん説
単に自分のそっくりさんに遭遇しただけだとする説。実も蓋もない話だが、これが一番有力な説だろう。

今のところこの現象の原因は判明していない。単純に自分のそっくりさんに遭遇しただけの可能性も高いが、本当に存在している可能性もあるだろう。

スポンサーリンク

関連記事
[ 2016年05月04日 20:00 ] カテゴリ:世界の謎 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。