怪奇現象、都市伝説、陰謀論、オカルトなどこの世界の謎を紹介するサイトです

スポンサーリンク

怪奇現象オカルトファイル TOP  >  スポンサー広告 >  宇宙の謎 >  太陽系の惑星の特徴まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

太陽系の惑星の特徴まとめ

太陽と太陽を公転する惑星などから構成される「太陽系」。現在、惑星が8つと準惑星が5つ発見されているが、それぞれどんな天体なのだろうか?今回は太陽と8つの惑星について紹介する。

スポンサーリンク




太陽
太陽系の中心である恒星。太陽系の全質量の99%以上も占めており、半径は約70kmもある。(地球の約110倍)ただ、宇宙には太陽よりも巨大な恒星は多数存在しており、現在、最も大きいとされている恒星はおおいぬ座VYであり、太陽の約1950倍もの大きさだという。

水星
太陽系の惑星の中では太陽に最も近い場所にある惑星。そのため大気はほとんど存在せず、最高気温は400℃を超える灼熱の環境だ。また、大きさと質量は太陽系の惑星の中で最小である。

金星
太陽に2番目に近い惑星であり、大きさと密度は比較的地球に近い。また、水星とは逆に濃い二酸化炭素の大気に包まれているため、全体的に硫酸の雨が降り注いでいる。

地球
太陽に3番目に近い惑星であり、表面に液体の水が覆っている。太陽からの距離や地球の大きさが絶妙なバランスであるため生命が生まれたとされている。

火星
地球の約4分の1ほどの大きさである惑星。表面は酸化鉄で覆われているため、天体望遠鏡などで観測すると赤く見える。人面岩やモノリスなど、地球外生命体が作った人工物のようなものが存在している可能性がある。

木星
太陽系の中でも質量と大きさ共に最大の惑星である。ガスを主成分とするガス惑星であり、4つの衛星を持っている。その中の一つ「エウロパ」には生命体が存在する可能性があると考えられる。

土星
細かい粒子や岩石などで構成されている輪を持つ惑星。木星と同様にガス惑星であり、太陽系では2番目の大きさである。

天王星
木星、土星に次ぐ太陽系では3番目の大きさの惑星。ガスと氷で構成される惑星だが、一番の特徴は自転軸が横倒しになっていることだ。原因は判明していないが、はるか昔に大きな彗星が衝突したためだと考えられている。

海王星
太陽から最も遠い位置を公転している惑星。天王星と同じく氷を主成分としている氷惑星であり、直径は地球の約4倍ほどもある。

スポンサーリンク

関連記事
[ 2016年05月06日 20:00 ] カテゴリ:宇宙の謎 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。