怪奇現象、都市伝説、陰謀論、オカルトなどこの世界の謎を紹介するサイトです

スポンサーリンク

怪奇現象オカルトファイル TOP  >  スポンサー広告 >  世界の謎 >  ツングースカ大爆発の原因

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ツングースカ大爆発の原因

1908年6月30日にロシアのシベリアで起こった「ツングースカ大爆発」。シベリア上空で隕石が爆発したとされているこの事件だが、本当に隕石が原因だったのか?。世界には様々な謎があるが、この事件は規模がとても大きいことから多くの人に注目されることとなった。

スポンサーリンク




この隕石が落下したとされている場所から半径30~50km以内にある森林は炎上し、1000kmも離れた場所にある民家のガラスが割れたという。その上巨大なきのこ雲が発生し、数百kmも離れた場所からも観測できるほどだ。

また、この爆発によって発生した閃光はヨーロッパにも達し、ロンドンでは照明を使わずに本が読めるほど明るかった。ここまで広範囲に影響を与えた隕石の大きさは3mから70mほどだったと推測されている。

この隕石が落下したとされている場所付近では生態系の異常も確認されている。昆虫や植物が異常に成長したり、逆に成長が止まったり、さらには今まで発見されていなかった新種の出現などである。

ツングースカ大爆発の原因には様々な説が存在している。小惑星や隕石の爆発が原因だという説が有力であるが、現地ではクレーターなどの隕石落下の証拠が発見できず、他の原因があるのではと考えられるようになった。

地中に存在していたガスの噴射や異星人による攻撃が原因など様々な説が語られたが、どれも根拠がなく長い間ツングースカ大爆発の原因は不明のままだった。

事件から100年ほど経過した2013年に、ウクライナやアメリカの科学者により、現地の地層から隕石を構成していたと考えられる鉱物が発見され、これにより隕石が原因だと確定した。

ツングースカ大爆発を引き起こした隕石はたまたまロシアの無人地帯に落下したが、もし地球の自転が数時間違っていたらモスクワを直撃していたという。

スポンサーリンク

関連記事
[ 2016年06月11日 20:00 ] カテゴリ:世界の謎 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。