怪奇現象、都市伝説、陰謀論、オカルトなどこの世界の謎を紹介するサイトです

スポンサーリンク

怪奇現象オカルトファイル TOP  >  スポンサー広告 >  UMA~未確認生物~ >  恐竜人間~ディノサウロイド~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

恐竜人間~ディノサウロイド~

遥か昔、この地球に生息していた恐竜。原因は未だに明らかになっていないが、すでに絶滅してしまった生物だ。もし恐竜が絶滅していなかったとしたら、どんな風に進化したのだろうか?恐竜の進化についての仮説にディノサウロイドというものがある。これは、恐竜が進化すると人間に近い形態になるというものだ。


スポンサーリンク




ディノサウロイドという仮説はカナダの学者によって提唱されたものだ。トオロドンなどの知能が高く、比較的大きな頭蓋骨を持ち、二足歩行が可能な恐竜はもし絶滅していなかったら人間のような形で進化するだろうと考えられている。

頭だけが爬虫類で体は人間に近い、恐竜人というべき存在になっていたのかもしれない。

ディノサウロイドによれば、恐竜人の特徴は以下の通りである。

・体全体と比較して脳の割合が多い。

・身長約170cmほどで全身鱗に覆われている。

・手に指が三本あり、鳥類のような声を発生させる。

・哺乳類ではなく、鳥類のように子育てする。



この様に非常に興味深い説だが、多くの学者はこの説に対して否定的な意見を述べている。ディノサウロイドでは恐竜人はかなり人間に近いとしているが、実際に恐竜が進化すると人間ではなくもっと鳥に近い生物になるだろうという意見がほとんどである。

そもそもただの仮説であり、実際に作ることができないので永遠に答えの出ないテーマであるが、このような発想は非常にユニークだ。

スポンサーリンク

関連記事
[ 2016年06月19日 20:00 ] カテゴリ:UMA~未確認生物~ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。