怪奇現象、都市伝説、陰謀論、オカルトなどこの世界の謎を紹介するサイトです

スポンサーリンク

怪奇現象オカルトファイル TOP  >  スポンサー広告 >  宇宙の謎 >  グリーゼ581g に地球外生命体がいる可能性

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

グリーゼ581g に地球外生命体がいる可能性

2010年9月29日に発見が公表されている惑星「グリーゼ581g 」。赤色矮星であるグリーゼ581の付近を公転している惑星だが、地球に似た環境であり生命体が存在する可能性があると言われている。

スポンサーリンク




グリーゼ581は太陽系から約20光年離れたところに存在している恒星であり、太陽の三分の一ほどの大きさだ。

グリーゼ581を公転している惑星は6つあり、その中でグリーゼ581g とグリーゼ581cには生命体がいる可能性がある。ただ、グリーゼ581cはグリーゼ581に近すぎるため可能性は低い。

グリーゼ581g においては、質量が軽く、地球に似た環境であり表面には液体の水が存在している可能性がある。他にも液体の水が存在している可能性がある惑星はあるが、グリーゼ581g は地球から約20光年と比較的近いため話題になった。

しかし、この惑星自体が存在していないのではないかという説が出てきた。観測するのに恒星の黒点の影響を考慮してみた結果、gの他にfも計算が誤っていたため存在していないという結論になったようだ。

地球から近い惑星に生命体がいる可能性があると聞いて期待していたのだが、残念な結果になってしまった。しかし、宇宙は広くどこかに地球外生命体は存在しているだろう。

スポンサーリンク

関連記事
[ 2015年07月14日 20:00 ] カテゴリ:宇宙の謎 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。