怪奇現象、都市伝説、陰謀論、オカルトなどこの世界の謎を紹介するサイトです

スポンサーリンク

怪奇現象オカルトファイル TOP  >  スポンサー広告 >  UMA~未確認生物~ >  恐竜型UMAカサイレックス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

恐竜型UMAカサイレックス

アフリカのコンゴで発見されたUMA(未確認生物)である「カサイレックス」。そのサイズの大きさや撮影された写真の外見から恐竜の生き残りなのではないかと言われている。この生物は一体何者なのだろうか。

スポンサーリンク




カサイレックスが最初に発見されたのは、1932年ベルギー領のコンゴでのことだ。冒険家のジョン・ジョンソン氏がカサイバレーを探索していたところ、サイと戦っている巨大生物を発見した。その巨大生物は恐竜のような姿をしており、全身黒色でところどころ赤い斑点のような模様があったという。また、長い鼻や複数の牙をもっており、大きさは10メートルを超えると言われている。

この様な特徴から、カサイレックスは恐竜の生き残りなのではないかと言われている。

しかし、この特徴と合致する恐竜はコンゴに存在したという記録はない。一番近いのは、カルカロドントサウルスという約1億~約9300万年前に北アフリカ一帯に生息していた恐竜だが、体の色が違う。

結局の所、カサイレックスについては見間違えかトカゲが突然変異によって巨大化したもので、存在していないというのが有力な説だ。

しかし、コンゴでは他にも首長竜の目撃情報も多数存在している。なぜここまで恐竜の目撃情報が多いのかは謎であるが、もしかしたら何かしら恐竜の生き残りが存在しているのかもしれない。

スポンサーリンク

関連記事
[ 2015年07月30日 20:00 ] カテゴリ:UMA~未確認生物~ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。