怪奇現象、都市伝説、陰謀論、オカルトなどこの世界の謎を紹介するサイトです

スポンサーリンク

怪奇現象オカルトファイル TOP  >  スポンサー広告 >  古代の謎 >  エメラルド・タブレットによる不老不死の技術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エメラルド・タブレットによる不老不死の技術

6世紀前後に確認された謎の碑文「エメラルド・タブレット」。そこには錬金術に関する記述がされていたと伝わっているのだが、実物は発見されておらず和訳のみが現存している。一体どんなものだったのだろうか?

スポンサーリンク




伝説によると、エメラルドの板に錬金術に関する記述が彫りこまれており、それを洞窟でアレクサンダー大王が発見したとされている。ピラミッドにあるものやメキシコで発見されたものなど、合計12枚のエメラルド・タブレットが存在していたと伝えられているのだが、現在では一枚も確認されておらず、実際はどんな記述がされていたのか、どんな形をしていたのかすら分かっていない

そのため、数多くの都市伝説や噂などがあり、作成された時期も約4000年前という説や約1000年前という説などバラバラでどれも信憑性がない。

しかし、発見された場所についてはエジプトだということで統一されている。

このエメラルド・タブレットは非常に謎が多く、現在は手に入れることは不可能に近い。だが、これには錬金術だけでなく、賢者の石による不老不死の方法も記述されていると言われており、喉から手がでるほど欲しい人間は多いだろう。

ただ、これが作成された古代には本当に不老不死の技術があったのだろうか?ただの都市伝説なのではないかと考えられる。どちらにせよ、実物が発見されないことには真相は判明しないだろう。

スポンサーリンク

関連記事
[ 2015年08月11日 20:00 ] カテゴリ:古代の謎 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。