怪奇現象、都市伝説、陰謀論、オカルトなどこの世界の謎を紹介するサイトです

スポンサーリンク

怪奇現象オカルトファイル TOP  >  スポンサー広告 >  宇宙の謎 >  アラン・ローラン彗星についての謎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アラン・ローラン彗星についての謎

1956年、ベルギーの研究者によって発見された「アラン・ローラン彗星」。この彗星にはいくつか謎が存在しており、当時天文界を震撼させた。

スポンサーリンク




まず、このアラン・ローラン彗星には反対方向に伸びる2種類の尾があることだ。これは科学的に考えてありえない現象だと考えられていた。しかし、この謎については解明されている。彗星はイオンテイルとダストテイルという2つの尾が観測されることがある。この2種類の尾は太陽を回る際に歪むことが分かっており、それによって反対方向に伸びているように見えるということだ。

2つ目の謎は、アラン・ローラン彗星の軌道だ。この彗星の軌道は様々な変化を見せ、向かう方向も一定に定まっていなかった。これは自然の法則では考えられず、なぜこのような軌道をしているのか未だに解明していない。

結局、よく分からないままこの彗星は宇宙の彼方へ消えてしまった。

アラン・ローラン彗星の速度は速く、太陽系から脱出することも可能だったため、地球からはもう観測することはできない。

科学的に考えても非常に興味深い存在だっただけに、もう観測できないのは残念だ。宇宙では、地球の法則が通用しない現象が多数存在する。この彗星についても、人類が想像できないような力が働いていたのかもしれない。

スポンサーリンク

関連記事
[ 2015年09月02日 20:00 ] カテゴリ:宇宙の謎 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。