怪奇現象、都市伝説、陰謀論、オカルトなどこの世界の謎を紹介するサイトです

スポンサーリンク

怪奇現象オカルトファイル TOP  >  スポンサー広告 >  古代の謎 >  謎の遺跡「ニューグレンジ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

謎の遺跡「ニューグレンジ」

アイルランドのミース州に存在している謎の遺跡「ニューグレンジ」。紀元前3000年前後に作られたと考えられており、ストーンヘンジやエジプトのピラミッドよりも古い遺跡だとされている。

スポンサーリンク




ニューグレンジはハートの様な形をしているドーム型の遺跡であり、高さ12m、直径は約80mほどだ。一体何の目的で作られたのだろうか?

発見当初、遺跡内部の装飾や石で造られた鉢が発見されたことから有力者の墓だと考えられていた。しかし、その後の度重なる調査の結果、天体と関係があるのではないかということが分かった。ニューグレンジが建設されたと考えられる時代では、太陽に非常に強い信仰があった。

また、一年の間で冬至の日のみ、遺跡上部の穴から太陽の光が一番奥にある部屋まで届く様な造りになっている。これは自然とそうなったのではなく、意図して作られた人工的な仕組みである。この様な仕組みはこの遺跡だけではなく、周辺にある他の遺跡でも確認されている。

ここで問題なのが、建設当時、この仕組みを作るための天文知識や設計知識があったのかと言う事だ。先にも述べたように、ニューグレンジが作られたのはピラミッドやストーンヘンジが作られたのよりも前のことだ

紀元前3000年にそこまで高度な知識や技術があったとは考えにくい。一体どうやって手に入れたのだろうか。

今では観光地になっており、年間多くの人間が訪れている有名な地だ。アイルランドに行った際、一度訪れてみるのもいいかもしれない。

スポンサーリンク

関連記事
[ 2015年09月07日 20:00 ] カテゴリ:古代の謎 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。