怪奇現象、都市伝説、陰謀論、オカルトなどこの世界の謎を紹介するサイトです

スポンサーリンク

怪奇現象オカルトファイル TOP  >  スポンサー広告 >  異世界 >  パラレルワールド(並行世界)の存在について考えてみた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パラレルワールド(並行世界)の存在について考えてみた

パラレルワールドという言葉をご存知だろうか?ある世界と分岐し並行して存在する全く別の世界のことだが、SF映画などでよく題材にされていたりする。異世界や並行世界とも呼ばれることがあるが、この様な世界は存在するのだろうか?

スポンサーリンク




パラレルワールドはオカルトやSF的なもので、一般的にはありえない絵空事と考えられているが、実は物理的に存在する可能性があるとされており、様々な分野で多くの仮説が立てられている。

量子力学の他世界解釈が有名だが、この説だとパラレルワールドが存在していたとしても、我々人類がその世界を観測することは不可能だとしており、存在しているかしていないか確かめるすべはないのだ。

また、物理学の世界では4次元や5次元の世界が存在する可能性があると考えられていることからも、我々が今住んでいるこの世界以外にも別の世界があるのかもしれない。

その他、ネット上では以前から異世界に関する話題が数多くある。某巨大掲示板には異世界から来たと自称する人間や異世界に行く方法などが一時期話題になった。(飽きたやエレベーターを使用する方法など)しかし、これはオカルト的な要素が強くネタでやっている可能性が高いだろう。

2000年代にアメリカの掲示板に現れた自称未来人・タイムトラベラーのジョン・タイターは、今我々がいる世界以外にも多くの世界線が存在し、タイムマシンによって世界線を移動していると語った。その際、タイムマシンの設計図や様々な予言を証拠として残している。(予言に関しては懐疑的な意見が多いが……)

パラレルワールドは今の所確認されておらず、オカルト的な要素が強い。しかし、今後の研究によっては存在が確認される日が来るのかもしれない。

スポンサーリンク

関連記事
[ 2015年09月16日 20:00 ] カテゴリ:異世界 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。